2017/04/28(Fri)

24日は散々で、26日もいまいち体調不良。

なので何があったのか、推測してみた。



2017年4月24日→全部タス。

20は天、地、家系。他方2は増える、負(振動)、二次元

20は時間をかける

24は消失する。



私が考えたのはこうです。

この前の日記で三次元と五次元の融合というのを書きましたよね。

narudekoさんのオリジナルを転載しただけでしたが。



とすると、融合された世界は大体、五つの方法で分別できると思われます。

◎パラレル宇宙にいる自分の体験を三次元の世界でも感じることが出来る。

◎映画やゲ-ム等の世界が、なんとなくリアルに感じてしまう。

◎ビジョンやリ-ディングで感じる世界(ファンタジーや幻想的な世界を含む)及びそこでの物語を、現実のこの世界でも体験している。

◎三次元のこの世界で、進行中の出来事と並行して、他次元の変化や物語を同時に観察することが出来る。

◎三次元の世界等単次元で生きながら、その対象を別次元から観察できる。

(複眼的に見れるとか多次元的思考。対象とするものを理解する為に、多面体を切断していくように、異なる切り口から分析できるという意味)



表現もレベルも違うと思いますが、これらの共通点は今まで見えてなかったものが、見えてきたというものですよね。

そしてそれらが相対的な関係で成り立っている。

Aという事象が進行中で、今までそれしか見えなかったのに、Bという事象がそこで起きていることに気付いたが、それはAとは異なる視点のものだった。



となれば、まず誰もがパニックになります。

そしてどれが事実なのか、どれが重要なのかと考えますが、なかなか落ち着かない。



多分一つは家の問題として浮上してきます。

或いは天と地がバラバラに動き出したような出来事まで生まれる。

(この表現はおかしいかもしれませんが、地を実質世界と考えたら、天は霊界や宇宙ですね。地を足元に譬えたら、天は空になります。頭が勝手に動いて、足がついていけないでも”悪くはない”と思いますが)



意識の一部にとらわれて、そのまま走ってきたような人は、それ以外の部分や霊的な問題に気付いて、今頃パニックになったり、ストレス反応を起こしているかもしれませんね。

心配しないでください。私もその一人ですから。



このような状態というものが、アセンションを語る上で、4月24日だからというのではなく、「今から地球で起きつつあること」、或いは「これからいろんな現象を作る基礎になるだろう」と語られているというのは実に興味深いことだと思います。こういう地球の中で生きていかなければならなくなったということですね。



だから新思考や別の脳内処理なんていう発想が生まれてくるのかもしれません。

最もこれを受け止める方法は明瞭に言うとそんなに難しいことではないと思います。

他者に説明できなくても、言語化できなくても、受け入れればいいわけですから…。

よくいう、”今ここで”感じれば、後は体と魂が勝手にやってくれるはずです。

最終的には、すべて「ある」と「ない」しか存在しないわけですよ。

(「ない」というのは、「ある」に対する「ない」という意味。説明するのは難しいですね)



それにしても生物学的機能的変異を無視できた今まででしたら、相手を善か悪か識別し、時には戦い、離別、妥協するだけでよかったのでしょうけど、外部から強制的に変化を促されるわけですよ。

それを旧知のシステムだけでやろうとしているとしたら、これはきついでしょうね。



何を言いたいのかというと、”今の地球の状態になる”前の世界で生きてきた手段だけで、延々とやっていこうとするものなら、かなり身体的心理的にリスクを負うことになるでしょうねと申し上げております。



確かに魂間に個人差があるので、闇に洗脳された魂軍は今でも私達の足を引っ張っていますよ。

油断したら、あっという間に私達の周波数も奈落の底。

とてもじゃないけど、地球を救おうなんて言えなくなってしまう。



けれど蓄積されたノウハウと、魔法のツ-ルがありますからね。

何度やられても、這い上がることが出来るんです。

ということは、逆に彼らを追い抜くことも可能なんですよ。まあエゴ丸出しですが。



人格障害や統合失調症なんて言われる人が増えると思いますが、それは医師が現実をよく理解できないからです。

見えない世界を否定し、会社や学問の世界の中だけで生きてきた人も同じで、土台さえない人達にとって、上述した出来事はただ不規則に起こる事象。自分にとって不都合な出来事が次々と起こる程度の、認識しか持たないでしょう。

一見楽そうですが、自分の立ち位置が存在しないわけですから、流れに振り回されてしまいます。



もう一度 20は時間をかける、24は消失する。

これを考えてみましょう。カタカムナはここが難しい。



〔深いところに蓄積されたエネルギーや思念体が、ある状況下で表面化する。〕

その状況の始まる前と後を知っている自分にとっては、外側だけ見ていれば、それは時間の経過であり振動なわけですよね。

しかしエネルギーや思念体が存在していた、内側では何が起こっていたのでしょうか?

エネルギーや思念体ですから、共鳴し拡大してくれるもの、投影してくれるものが必要になります。

それらが見つかれば連結し拡散します。

一方自分がその状況の外にいるというよりも、自分の意識の内側にエネルギーや思念体があると仮定したら、どんな感覚になるでしょう。何だかわからないそれが外側に表面化すれば、一時は気分を害するとしても、それは昇華に近いものですよね。

つまり内側ではゼロになっているか、新しい状態が生まれているんです。

これが24の意味。消失する。



これを簡潔にまとめるのは至難の業ですが、読者の皆さんが疲れた顔しているようなので、24日の話をしながら、今後マイライフに何が起こりうるのか、まとめました。



要するに現象・基準・投影の三点で大きな変化が生まれていくということなんです、きっと。

◎現象;今まで見えなかった部分が見えるようになる。→価値観の変化に繋がる(多元的モデル)

◎基準;他の時空と繋がることで、魂の中心軸が移動する。

◎投影;投影される世界が広がり、判断する基準も多様になるので、それがまた多くの現象を作ることになる。

★例えば東京のこの地域は、イタリアのエネルギーが投影されているから□□。これは普通の発想。

東京のこの地域は、四次元まではプレアデスの惑星Sによって投影されていて、六次元以上はシリウスが管理されていると思う。とまあ、こんな話ができるようになる。











 ミレア・レイ at 2017/04/28(Fri) 00:51 
2017/04/23(Sun)

ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年より転載



昨日4月6日の祝祭セッションで、アシュタル司令官からメッセージが伝えられました。(この日のクライアントさんもアシュタルコマンドのメンバーで、重要なメッセージを私に伝えるメッセンジャーの役目を担って来てくれました。ありがとうございます!)



先日、多次元をディスクロージャーする映画”ひるね姫”をご紹介しました。その内容が、あまりにも、じっちゃん創造主が祝祭セッションで見せてくれるメイクドラマや、私個人の多次元体験と共通するので、何故そんなことが起こるのか、、私はとても不思議に思っていたのですが。



この映画そのものが、私個人へのメッセージでもあったようです。私の5次元リアリティが3次元に重なってきている、染みこんできている、それを見せて、私自身やコンシャスチョイスの読者を驚かせることで、私たちに気づかせたかったんですね。注意を促したというか。



何に気づかせたかったかというと、まさに、3次元と5次元の融合が進んでいるという事実です。



じっちゃん創造主が、夜空のミラクルと共に1月に予告して下さったことが、どんどん具現化し始めました。



以下が、昨日の司令官のメッセージです。



「3次元と5次元の融合、映画でも見せました。融合が進んでいます。



すごく進んできている。まだ全体ではない。(全体が同じスピードで進んでるわけではない。)



これから進んでいきます。すごく変わるので、グラウンディングを意識して下さい。」



コンシャスチョイスで書きましたが、私はこの3月、脳内で3次元的回路がつながらなくなり、記憶が途切れ、意識がもうろうとして、とても苦労しました。記憶障害と聴力障害(言語認識障害)です。だいぶ前からその状態は続いていたのですが、3月には一気に高まりました。そして、セッション等の多次元体験からなかなか戻ってこられず、グラウンディングできず、日常生活に支障が出ました。



その状況を、司令官はおっしゃっているんですね。



”ひるね姫”で描かれている3次元と5次元が融合した世界の方が、実は真実である、ということが、これから明らかになっていきます。



私たちは基本的にはその世界をワクワクと楽しんでいけばいいわけですが、意識が常にそちらへフォーカスしてしまうと、まだ暮らさなければならない3次元部分の生活の統制が取れなくなってきます。



皆さんも、身体は、大地に、地球のエネルギーに、しっかりアンカーしていて下さいね。



それにしても、、アシュタルコマンドが、ミッションとして、古今東西のアーティストにインスピレ―ションを与えているのは知っていましたが、その具体例、これほどはっきりした例を見せられて、私はびっくりしました。私のセッション内容や多次元体験、つまり私の頭の中を知っているのは、じっちゃんと彼らしか居ませんから。



すごいです。。3次元と5次元の融合が始まっていることを、このような方法で私に気づかせに来るとは。。さすがです。アシュタルコマンド。脱帽です。∠(*^ー^*)o



以下は、小さな宇宙人シリーズの「戻ってきたアミ」に出てくる宇宙親交、地球救済計画の司令官の言葉です。



「われわれは、きみたちのすべての国の、できるかぎり多くの人たちに正しい教えとみちびきのインスピレ―ションをメッセージとして送っている。文学作品や音楽、映画やそのほかいろいろな文化的な表現にも、インスピレ―ションをあたえている。メッセージの普及に役立てられるものなら、なんでも利用している。これは意識変革のためのひとつの愛の種であり、”大きな出会い”のための準備でもあるんだ。」


















 ミレア・レイ at 2017/04/23(Sun) 20:48 
2017/04/23(Sun)

今朝起きたら、ずっとオリオン星人の気配があるんですよ。



それで多分、これだと思いましたので、一応youtubeだけUPしておきます。




 ミレア・レイ at 2017/04/23(Sun) 15:54 
私とは
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
最新記事
最新コメント
フリーテキスト

ブログ内検索